マッチングアプリの事件から安全な使い方を学ぼう!

タグトラブル対処, 女性向け, 男性向け

マッチングアプリ


  • マッチングアプリの出会いで過去に殺人や詐欺事件が起きた
  • マッチングアプリにはヤリモクや既婚者など危険な人もいる
  • マッチングアプリで出会った男性の宿泊するホテルには行かないなど、しっかり対策すれば安全

隠遁人妻

どうもこんにちはッ…!!隠遁人妻27歳です~~!

 

今回は、マッチングアプリ関連で女性が被害に合った事件や、ニュースにならないけれど、十分危険な男女間のトラブル事例について、ご紹介していこうと思います。

また、それらの事件に巻き込まれないようにする自衛策についても書いていきますので、婚活中の方は必見です!

今のアプリが合わない・どのマッチングアプリするか迷ったらは比較表とフローチャートで診断!

 

マッチングアプリでニュースになった事件


ここでは、過去に重大事件となりニュースにまで取り上げられた事件をご紹介していきます。

大阪民泊バラバラ殺人事件

2018年2月に大阪市で起きた事件です。
Tinderを使って見知らぬ外国人男性(26歳)と大阪市森ノ宮駅で待ち合わせし、その後、男性の宿泊していた西成区の簡易宿泊所に行った女性(27歳)が、後にバラバラ遺体となり、スーツケースの中から発見されました・・・。

殺した動機については不明ですが、理由がどうであれ、恐ろしすぎますね。
見知らぬ男性と会う時は、個室やホテル、マンション等は絶対に避けるべきです。

 

婚活サイト性的暴行事件

2018年4月に名古屋市で起きた事件です。

婚活アプリで知り合った女性(30歳)にリクルートマーケティングパートナーズの社員であった加害者男性(28歳)が、居酒屋で飲んでいる最中に、女性が席を立ったところを見計らって睡眠導入剤を混入。

女子が意識を失ったところで、無理やり自宅マンションに連れ込み強姦したようです・・・。しかもこの時、女性の顔面を殴るという暴行もしています。
言語道断!絶対に許してはいけない事件です。

 

婚活サイト詐欺事件

こちらは、2018年9月に東京で起きた事件です。

無職の男性(26歳)が婚活アプリで出会った20代の女性に「トイレで財布をなくしたみたい・・・すぐ返すので、とりあえず入金して欲しい!」と言い、20万円を騙しとったというものです。

見ず知らずの男性に、いきなり20万を疑いなく振り込めるのは中々凄いことですが、この加害者は常習的に婚活アプリ上で詐欺を行っていたようなので慣れていたのかもしれませんね。

出会い系サイト5000万円詐欺事件

この事件は、とある婚活アプリで男性(59歳)が、一般女性を偽ったサクラの女性に入れ込んだ結果5000万円を使い込んでしまったというものです。
アプリでのメッセージのやり取りは、ポイントを購入して行うシステムになっており、これが大変高い金額だったようです。
ところが、メッセージを送ってデートの約束をするものの何度もドタキャンされ、結局会うことができませんでした。

 

後に、「これは詐欺である!明らかにおかしい!!」と裁判になりました。
中々5000万円を持っている男性はいないので、良いカモにされたとしか思えません。

マッチングアプリで事件になりうる危険な行為


色々とマッチングアプリで起きた大変な事件をご紹介してきました。
しかし、これらは氷山の一角に過ぎません。
実際は、ニュースや裁判になっていない事件がたくさん起きています。

そこで、事件になりうる主な危険行為について説明します!

ヤリモク

マッチングアプリには、みだらな行為をしたいだけの男性がたくさん登録しています。
特に、身分証明書提出もなく、実名制でなくてもOK、毎月の使用料も安いアプリの場合、その割合が高くなります

実際、過去に私もマッチングアプリ経由で知り合った男性と一緒にカラオケに行った際に、セクハラ行為を受けた経験があります。
また、酔い過ぎてタクシーでマンションにお持ち帰りされて危ない目に合ったことも幾度となくあるので、注意が必要です。

既婚者

「ちょっと遊べて、気軽に楽しませてくれる若い女の子を探したい!」なんて言う既婚者男性も、マッチングアプリには数多く登録しています。

特に、審査基準が緩いTinderなどには、非常に多く、私も2、3回既婚者からの不倫のお誘いをいただきました(笑)
事前に申告してくれる場合は、避けようがありますが、嘘をつき通している人の場合もあるので注意しましょう。

パパ活

今は、マッチングアプリ内でパパ活をしている女性も数多く目にします。
最近では、TwitterやInstagramでも#パパ募集などのハッシュタグで気軽に募集していますよね。

これは非常に危険な行為です!

女性側は、本当に食事だけしようと思っていても、男性側は「あわよくば・・・( *´艸`)」と思っているケースも多く、トラブルになったりします。
Twitter上では、パパと食事目的だったのに、いきなり身体の関係を打診されてドン引きした!なんて投稿も多いです。

ネットワークビジネス

アムウェイや宗教、仮想通貨、怪しい海外投資案件などの勧誘がマッチングアプリ内で行われている事例があります。

男性に多いですが、デート場所に行ってみたら、いきなりアムウェイの話をされてテンションだだ下がり・・・なんてケースも。
テンションが下がる程度ならまだ良いですが、仮想通貨や怪しい海外投資案件で数百万の詐欺に合っている人もいるので要注意です!

安全に使うためには


ここまで色々な事件やニュースをご紹介してきました。
次は、それらのマッチングアプリ事件から女性が身を守る手段や方法について書いていこうと思います。

男性の部屋や泊っているホテルなどには行かない

ポイント
とにかくヤリモク男性は、自分の部屋や泊っている場所に女性を呼び出したがります。
Tinderなどはこういった事例が数多くあり、実際私も何十回とこのパターンに出くわしてきました。

結論から言うと、男性の部屋、男性が宿泊しているホテルには自分1人で行ってはいけません。もし、あなたが危ない目にあいそうになっても、誰も助けられないからです。
叫べば聞こえるなんて甘い考えはやめしょう!都会では、ご近所付き合いは希薄なので相当大きな声で暴れまわらないと気づいてもらえない可能性がります。

カラオケや個室居酒屋は利用しない

ポイント
カラオケや、個室居酒屋など第三者の目が届かない場所でのデートはやめましょう。ヤリモク男性の餌食にされます。
特に、1件目で普通の居酒屋に行き、2件目でカラオケ、人の少ない個室の店を提案されるパターンです。

お酒も入っており、男性のエロスイッチもボルテージが目いっぱい上がっていますので、絶対に行ってはいけません!!

昼間に人通りの多いお店で短時間デートにする

一番安全なのは、土日の昼間12~14時くらいにランチデートをすることですね。
昼間はお酒も基本的には飲まないことが多いですし、デートする時間も短くすることが可能です。ランチは大体1時間なので、危ない人だとその場で気づいてもすぐに離れることが出来るのです。
少しでも危険を減らすために、ランチデートは最強です。

デートする前に電話する

メッセージのやり取りだけでは、相手の全体像を把握することが出来ません。
多少は言葉遣い、絵文字などで予想出来ますが弱いです。もっと情報を仕入れて精度高めに相手を判断するためには、デート前の事前電話が重要です。
苦手だという人が多いですが、事件にあってからでは遅いので、ぜひ電話することをおすすめします!

安全なマッチングアプリはOmiai!

それでは、「何のアプリが最も安全か」という疑問を抱くと思います。

Omiaiが、安全なアプリとしてオススメです。
まずは、以下の数字をご覧ください。

以上のように、会員数がかなり多い他、様々な会員がいることが分かります。

そして、このOmiaiには大きな安全面での特徴があります。

Omiaiは日本で初めて、Facebook認証による本人認証を初めて実施しました。
更に、「イエローカード」という制度もあります。
これは、業者だけでなく、迷惑行為を繰り返す会員に対し、イエローカードというものが付与され、以上のような注意が表示されます。

これらの安全対策がしっかりしている点で、Omiaiは安全なアプリといえます。

Omiaiダウンロード

まとめ

マッチングアプリは非常に便利ですが、手軽に出来る分、危険もたくさん潜んでいます。特に女性はヤリモク男性や詐欺、既婚者等の被害に合いやすいですので自分で自分の身を守っていきましょう!

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
虫眼鏡サイト内記事検索
タグから探す
マッチングアプリ一覧