【Q &A:byラブホの上野さん】SNSで出会った人に性別詐称されました



質問:SNSで出会った人が性別詐称してた

先日SNSで知り合った人と映画に行く約束をしました。

その日までその人は女性だと思っていたのですが、男性でした。

男性と付き合うどころか男友だちもいない私がいきなり男性と2人で映画を観て食事をしました。

映画も食事も楽しめましたが、なんとなく周りの目が気になって気まずい思いをしてしまいます。

その人が嫌いなわけではないですし、1つのご縁として捉えたいのですが心が付いて行きません。どうしたらいいでしょうか。

<女性/会社員/20代>

回答:性別を隠すやつはろくな方がいない

ご質問誠に有難う御座います。ラブホの上野で御座います。

blank

ご質問誠に有難う御座います。

 

SNSで女性と知り合うために「女性のふり」をするのは、ダメな方向に賢い男なら100人が100人とも思いつく手段で御座います。

 

ポイントは「相手の女性が勝手に勘違いした」という体裁を保つこと。つまりこちらから「私は女です」という発言をしてはいけないのです。

 

例えば「如何にも女性が使いそうなアイコン」はセーフですが「女性がメインで写っている写真アイコン」はこの体裁が保てないのでアウト。
絵文字や顔文字などで「女らしさ」をアピールするのはセーフですが、「私も彼氏が欲しい」というような「女」を事実上決定づける発言はアウト。

 

この辺のテクニックを上手に使い、相手の女性に「私が勝手に勘違いしたんだから……」と思い込ませれば完璧で御座います。

 

良いか悪いかは別にして、この方法は古くは前略プロフ・モバゲ・メイプルの時代が使用されてたベタ中のベタな方法に過ぎません。

 

なお、このテクニックを使う男はろくな男がいないことは私が保証いたしますので、その縁は切ってしまって良いでしょう。

ラブホの上野さんの記事一覧はこちらから。
blank

免責事項

・本サイトはマッチングアプリの情報提供による課題解決を目的としており、マッチングアプリに関する斡旋を行うものではありません。
・本サイトで紹介するマッチングアプリの評価は、アプリを使用しての調査の結果や口コミ・評判、有識者からのコメントなど、主観的なデータと客観的データに基づいて作成していますが、その内容の正確性や信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者自身で各マッチングアプリの公式ページにてサービス内容をご確認ください。
・本サイトで掲載している情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。
・本サイトに掲載されている情報はマッチングアプリ各社の提供している情報に基づいていおり、可能な範囲で正確な情報となるよう更新しておりますが、最新情報はマッチングアプリの公式サイトにてご確認ください。
・マッチングアプリへ登録する際は、必ずご自身で各公式ホームページで内容や規約をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします
・本サイトへのご意見やご指摘に関しては、お問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。

広告主の開示

・本サイトでは、専門性の編集体制の構築と信頼性のある口コミデータの収集により、マッチングアプリの適切な比較を支援する記事等を配信しています。
・本サイトを通じてマッチングアプリの無料会員登録等の一定の成果地点までユーザーが到達した場合に広告主から支払われる報酬金額が主な収益です。
・広告主は、サイト全体の推奨事項や評価、その他のコンテンツの変更をするために、弊社に金額を支払うことはありません。
・記事広告等の成果報酬型以外の広告商品によって広告主が出稿している記事の場合は、「PR」等の明記によって広告出稿されていることを読者に認知させます。

この記事の監修者
マッチアップ編集長 伊藤早紀 画像
  • Twitterアカウント
  • Youtubeアカウント
  • Instagramアカウント

マッチアップ編集長 伊藤早紀

名古屋市立大学卒業で、現在は株式会社Parasolの社長。「ナカイの窓」や「NEWSな2人」などのテレビ番組に出演。マッチングアプリの記事を2,500本以上作成していて、紹介型マッチングサービス「ヒトオシ」を運営中。2018年にはゴマブックス社より『出会い2.0』を出版。SNSはこちらからTwitterYoutubeInstagram

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
タグから探す