TOP > Dine(ダイン) > 記事
Dine(ダイン)
Dine(ダイン)
デートにコミットするマッチングアプリ!

今マッチングアプリ業界で話題!!Dineの次世代型スナック「Snack Dine(スナックダイン)」

タグ仕組み, 口コミ, 機能, 体験談

Dine(ダイン)


  • Dine(ダイン)は気になった人とメッセージなし!すぐ「会ってみる」アプリ。
  • Snack Dine(スナックダイン)はDineユーザーが楽しめる会員制スナック。
  • Snack Dine(スナックダイン)で雰囲気を楽しみながら0からの出会いを!

今 、マッチングアプリ業界で話題!!Snack Dineとは?口コミや評判をピックアップしてみました。

タップルバーなど知っている方にもおすすめ!マッチングアプリとバーが融合された流行りのオフラインのバーとも一味違う、最新スナック「Snack Dine」紹介していきます!

Dineダウンロードはこちら!

Dine(ダイン)ダウンロード

 

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる13個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

Dine(ダイン)とは?

Dineとは、気になる人と会うこと」「デートに注目したマッチングアプリです。

マッチングアプリを使っていて、「メールのやりとり正直めんどくさい。」「この人本当に会う気あるのかな。」「この人メッセージでの感じと全然違うじゃん!」なんて思ったことありませんか?


Dineでは、スタートが「会う瞬間」!
なので、そのような悩みを持つことがありません。

Dineは、シンプル3段階ステップ!
①マッチング
②日時場所設定
③会う

1、マッチング

Dineでは、他のマッチングアプリのように「いいね!」ボタンがありません。

あなたがいいなと思った相手に向かって、気になるお店の写真をスワイプしてマッチング申請完了です。

マッチング申請後、お相手が承認したらマッチング成立!

そのあとマッチングした相手が、マッチ欄(メッセージ画面)にリストされます。

このように「デートの日程を決めましょう!」が最初に出てくるので、
日程を調整しないと、やりとり機能が始まらない仕組みになっています。

2、日時設定

では気になった人とマッチングした後、日時を設定します。

マッチングした相手をタップすると、まず候補日を選択します。

相手と互いに都合のいい日時をやりとりし(メッセージはテンプレートで送られます。)決定すると、設定したお店を勝手に予約してくれます。

やりとりがテンプレートで行なわれるので、簡潔にとてもスムーズに予約できます。

「メッセージで仲良くなる→デート」ではなく、「デート→実際に仲良くなる」というコンセプトで、リアル感があり発展しやすいです。

3、会う

そして、実際に会って、相手との時間を楽しみましょう!
Dine上にある、デートに最適な厳選されたレストランやカフェから場所を選べるので、あ〜場所失敗した…なんてこともないんです。

Dineは、マッチング、日時設定、会う、の3段階ステップ、シンプルに「の人に会ってみたい!」を叶えるアプリです。

また、今夜のデート相手をも探せちゃうDine Tonight という機能も気軽に楽しめます。

興味ある方はこちらから!↓

Dine(ダイン)ダウンロード

Snack Dine(スナックダイン)とは?

Snack Dine(スナックダイン)とは、恵比寿にある、Dineユーザーとその同伴者のみが行ける会員制スナックです。Dineアプリ上で審査をクリアしたユーザーのみが、入店することができるようになる仕組み。

1、Snack Dine(スナックダイン)の特徴は?

・次世代型スナック
・会員制
・アプリ上で店内でデートに誘える!

次世代型スナック

「スナックを再発明する」コンセプトに、Dineで培ったデータを集結し作られたコミュニティで、0からの出会いを楽しむ新しいスナックです!
従来のスナックとは違い、カラオケがなく、アプリを使いながら男女の会話を生み出していきます。

会員制

会員になるには審査が必要です。アプリDine上で、会員になることができます。
会員制のスナックですが、会員と3名までの同伴が可能なので、Dineユーザーでなくても同伴者として楽しむことができます。
会員制なこともあり、HUBなどのスタンディングバーや相席居酒屋より上質な出会いが生まれます!

アプリ上で店内でデートに誘える!

店内ではアプリ内のSnack Dine機能を使い、店内にいる人のプロフィールをチェックできるので、そのままアプリから、気になる人と話すことやデートに誘うことができます。プロフィールを見ながら会話ができ、会話のネタが生まれますので会話が弾んで、初めてでも楽しめることができるのがポイントです。

会員制の安心感と実際の出会いができるドキドキ感が魅力的な特徴です。新しいコミュニケーション場として20〜30代に人気を集めています!

2、Snack Dine(スナックダイン)の場所と営業時間

東京都の恵比寿駅の近くで場所は非公開です。入会審査に通った人だけに場所が知らされます。
営業時間は18時〜24時となっていますが、お客様の状況に応じて1〜2時くらいまで開店回転していることもあるようです。

3、Snack Dine(スナックダイン)の料金

男性:飲み放題60分 3,980円(税込み)
女性:飲み放題90分 2,000円(税込み)

多くのマッチングアプリでは男性のみお金を支払う場合が多いのですが、Snack Dineでは女性も料金がかかります。お金を払わなくてはならないというの意味では、本気で出会いを求めている女性が来ることが期待できそうです。

キャッシュレスで、現金不可。支払い可能方法はこちら。
・クレジットカード
・Suica
・LINE Pay
・PayPay

4、Snack Dine(スナックダイン)入会審査は?

会員になるには、アプリ上で登録し、入会審査をクリアしなければなりません。
入会審査には、最低限以下の3つの項目が必要です。

・プロフィールが画像3枚であること。
・自己紹介文が200文字であること。
・年齢確認が完了していること。

審査内容の詳細は明らかにされてませんが、行動履歴や過去の通報履歴もチェックしているそうです。

興味のある方はこちらからDineアプリで↓

Dine(ダイン)ダウンロード

Snack Dine(スナックダイン)の体験談!

マッチアップ編集部にて、実際に行ったことある人にインタビューしてみました。

男性 39歳 コンサル

店内にいる人のプロフィールが見れるから、会話楽。お店が音楽なくて落ち着いた雰囲気だからゆっくり話せた。Hubとかスタンディングバーとかはガヤガヤしてるのとは対照的。

男性 29歳 商社

タップルバーと同じで、入るまでどんな女性がいるかわからないのが難しいポイント。

男性 35歳 不動産

長居すると結構お金かかる。自動的に更新されるから時間を気にしながらがいいかも。

男性 28歳 コンサル

みんな座る感じでゆったりはできるけど、多くの人とは出会えない。でも、隣の人とたくさん話すから一定の人とは仲良くなれたのがよかった。

Snack Dine(スナックダイン)のネットでの口コミ・評判

ネット上の口コミ・評判も気になりませんか?
Twitterの口コミ・評判を調べてまとめました。

  • ほくろちゃん
  • スナックダインに行ったことある人いますか?行ってみたいなぁ~!!
  • Twitter
  • 16yuki Nakamata/中俣博之
  • そのスナックダインいってみたい
  • Twitter
  • フリーバード
  • へぇ!面白いサービス!
    会員になるためには一定基準をクリアしないとダメだろうから、そこでフィルタリングをし、良質な客層オンリーにしたい、ということですかね
  • Twitter

このように「いきたい!」という声続出!!
2019年4月18日オープンしたばかりで注目を集めています。Twitterで「スナックダイン」を入れて呟くと、Dine公式アカウントからコメントが返ってきますよ!ここからDineのしっかりした印象が見受けられますね。

まとめ

Snack Dine(スナックダイン)は、新しいコミュニケーション場として注目を集めている、画期的なスナックです。男女の出会いある場所で、ワイワイとした相席居酒屋とも昔ながらのスナックとも違い、落ち着いた雰囲気のある秘密の場所で出会いが始められます。

Snack Dine(スナックダイン)で雰囲気を楽しみながら0からの出会いをしてみませんか?

興味のある方は下からダウンロード!↓↓

Dine(ダイン)ダウンロード

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる13個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

マッチングアプリが経営しているお店に行ってみたい方は、タップルバーもおすすめです。
https://tapple-match-app.jp/tapple/99883

Dine(ダイン)Dine(ダイン)に登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です