with(ウィズ)
with(ウィズ)
相性診断で運命のマッチング!

マッチングアプリwith(ウィズ)のブロックと非表示の違いは?バレにくい非表示がおすすめ!

タグトラブル対処, 機能

with(ウィズ)


  • with(ウィズ)のブロック機能は相手との繋がりを一切消す機能、非表示はこちらの画面からの表示を消す機能
  • with(ウィズ)のブロックは一度したら取り消せないが、非表示は取り消せる
  • with(ウィズ)では相手を非表示にしてもバレない
withがおすすめな理由
with
blank
無料DL
  • ・心理テストで相性がわかる
  • ・イベントで無料でアプローチ可能
  • ・若い男女が多い

withを始めて数週間、マッチング、メッセージ交換までいくと、合う人もいれば、ちょっと合わないな人もいますよね。

withの非表示なら、ブロックしなくても相手を自分の画面から消せるんです。

今回はwithのブロック機能と非表示機能の違いを説明します。

マッチアップ編集長 伊藤早紀

今のアプリが合わない・どのマッチングアプリするか迷ったらは比較表とフローチャートで診断!おすすめのマッチングアプリ

with(ウィズ)の非表示とは

マッチングした相手を自分の画面から消す機能です。

非表示にすると自分の画面から相手が消えますが、相手の画面にはあなたからのメッセージや足跡、いいね履歴などは全て残っている状態になります。

>>withの無料ダウンロードはこちら

with(ウィズ)のブロックと非表示の違い

blank

相手をブロックすると、メッセージはできなくなりますしいいね!履歴も消え、解除もできません。

非表示との違いはここにあります。

非表示は自分だけ相手を見えなくする機能です。

ブロックの方法はこちら

>>withの無料ダウンロードはこちら

with(ウィズ)の非表示の方法

非表示のやり方は2つあります。

メッセージ一覧から非表示にする方法

blank

画面を開いたら、非表示にしたい相手を左にスワイプしてください。

すると「非表示」と「ブロック」が表示されるので、「非表示」をクリック。

blank

クリックすると、この画面が表示されます。

これで非表示になりました。

トーク画面から非表示にする方法

blank
左上の3つの弾丸部分をクリックしてください。

blank
クリックすると4つの選択肢が表示されるので、非表示をクリック。

これで完了です。

>>withの無料ダウンロードはこちら

with(ウィズ)の非表示の解除方法

まずはマイページの各種設定を開いてください。
blank

非表示・ブロック設定をクリックすると、

blank

自分が非表示にした相手が表示されます。

この2名は、非表示にされたことに気づいていませんし、気づくこともできません。

blank

非表示を解除したければ、そのユーザーをクリックしてください。

すると解除画面が表示され、解除することができます。

>>withの無料ダウンロードはこちら

with(ウィズ)の非表示のお相手からの見え方

相手が非表示に設定したことはあなたにわかりません。

ラインの機能と同じだと思ってください

メッセージが送られてくれば、表示されます。

相手はメッセージ履歴やいいね!履歴も見えます。

>>withの無料ダウンロードはこちら

まとめ

今回はwithのブロックと非表示の違いを紹介しました。

非表示は解除できますが、ブロックは1度してしまうと相手と連絡が取れなくなります

せっかくマッチングした相手と連絡が取れなくなるのはもったいないので、まずは非表示にして、しつこく連絡が来る場合はブロックしましょう。

withがおすすめな理由
with
blank
無料DL
  • ・心理テストで相性がわかる
  • ・イベントで無料でアプローチ可能
  • ・若い男女が多い

今のアプリが合わない・どのマッチングアプリするか迷ったらは比較表とフローチャートで診断!おすすめのマッチングアプリ

この記事の監修者
  1. 経歴
    • 2013年名古屋市立大学卒業。リクルートコミュニケーションズ入社後に2017年から(株)Parasolに参画
    • マッチアップでマッチングアプリの記事を2,500本以上作成。TVやラジオに多数出演してマッチングアプリの認知を広げた後、知見を活かして紹介型マッチングサービス「ヒトオシ」をリリース。
  2. 書籍・TV出演など
  3. SNSはこちら
with(ウィズ)with(ウィズ)に登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
タグから探す