マッチングアプリは複数利用・掛け持ちがベスト!併用すべき理由とおすすめ組み合わせ5選【体験談あり】



  • マッチングアプリを複数利用すると自分にあったアプリが見つかる
  • マッチングアプリを複数利用すると出会いのコスパが良い!
  • マッチングアプリを複数利用するならペアーズを軸にしよう
王道マッチングアプリ3選
ペアーズ
blank
タップル
blank
with
blank
会員数NO.1
20~50代◎
20代に人気
趣味で出会う
イベント豊富
相性診断あり

blank
男性 25歳 会社員

マッチングアプリって種類がありすぎてわからない……

とお悩みの方も多いでしょう。
もし、どのマッチングアプリにしようか迷っているなら、複数利用がおすすめ!

今回は複数利用におすすめなマッチングアプリと、何個も登録すべき理由を解説します。

マッチアップ編集長 伊藤早紀


今のアプリが合わない・どのマッチングアプリするか迷ったらは比較表とフローチャートで診断!おすすめのマッチングアプリ

マッチングアプリを複数使うべき理由3つ

マッチングアプリは利用料金やコミュニケーション量など、コストがかかるのはデメリットです。

しかし、複数使うメリットの方が多いのでその理由を解説します!

1.出会える人数が増える

1つのマッチングアプリを利用するよりも、複数だと会員数も増えるので出会える人数が増えます。

マッチングアプリは複数使いがおすすめ

累計会員数の比較
ペアーズ
blank
タップル
blank
ユーブライド
blank
1,500万人以上 700万人以上 200万人以上

上記の3つを使うと、単純計算で約2,500万人の会員数になりますね。

2.自分にあったマッチングアプリを見つけられる

無料期間のチェックリスト
マッチングアプリは、たくさんの種類があり、それぞれ特徴が違います。

ほとんどのアプリは、ダウンロードだけなら無料で始めることができます。

まずは色々ダウンロードしてみて、自分にあったアプリを探してみましょう!

アプリによって違うユーザーの種類
タップル
blank
with
blank
ユーブライド
blank
ライトな恋活目的

『趣味』で繋がりたい人

真剣度の高い恋活目的

『性格』で繋がりたい人

婚活目的

『結婚相手』を探している

>>>複数利用におすすめのマッチングアプリはこちら

3.コスパが良い

コスパが良くなる理由

・出会える人数が増える

↪︎自分のことをタイプだと思う、相性が良いと感じる異性と出会う機会が増える

1つのアプリを使っていた時よりも、アプリを2つ以上使うと出会える異性の母体数が増えます。

出会える人数が増えると、その分自分と相性の合う異性とマッチする確率も高くなります。

筆者である私も、この方法で彼女となる女性と出会うことができました。

しかし、男性は利用料金がかかってしまうので無料期間にマッチングしてから課金するなど工夫しするとよりコスパ良く、アプリを使うことが出来ます。

マッチングアプリを複数使うデメリット

メッセージがめんどくさくなってしまう

アプリを併用すると1つのアプリを使っていた時よりもマッチする異性の数が増えます。

それに伴い、メッセージのやり取りの数が増えてきます

特にメッセージが苦手な人は多くのやりとりにストレスを感じてしまうことも…。

そのため、自分の許容範囲の「併用アプリの数」や「異性に対するいいねをする数」などを使う中で制限するのがおすすめです!

費用がかさんでしまう

 

blank

アプリの併用にはお金が倍必要になります。

1つのマッチングアプリの料金が約4000円/月だとしたら、2つ併用の際は約8000円/月、3つ併用の際は12,000円/月かかることになります。

併用検討の前に、ご自身のお財布と相談し、「いくらまでなら恋愛に対して使えるか」、「どのぐらいの期間アプリを使いたいか」など決めておくとストレスなく併用ができます!

タップルなら条件達成で無料で使うことができる!

マッチングアプリを複数併用する時の3つのコツ

併用アプリを2~3つまでにする

たくさんアプリを併用したからといって、恋愛がうまくいくわけではありません。

先ほど揚げたようなメリットデメリットが存在します。

自分の生活スタイルや恋愛に対して使える時間など考慮して、自分の中での必要なアプリ数を検討しましょう!

マッチアップのおすすめの併用数は、『2~3つ』です。

理由は、アプリに対して使える時間、費用、コスパがこの範囲がベストだと感じているからです。

どんなに併用するアプリ数が多くなり、マッチ数が増えたとしてもとしても、マッチした異性1人あたりに対して向き合う『質』が落ちてしまうことも…。

そのため、自分の身の丈にあったアプリ数で併用してみましょう!

プロフィールをアプリの特徴に合わせて変えてみる

アプリによって、アプリの機能や特徴は違います。

そのため、アプリの特徴をしっかりと捉え、そのアプリに適した使い方をしてみまょう。

タップルwithを例にとってみます。

タップルは、『趣味』で繋がることができるのが特徴です。

一方withは、定期的に開催される、あのメンタリストDaiGo監修の「心理テスト」を活用した『性格』でマッチングが特徴のアプリです。

このように機能が違うということは、アプリを使っているユーザーも「タップル=趣味で出会いたい異性が多い」「with=性格がマッチした人とと出会いたい人が多い」といく可能性が高いです。

これをプロィール文で応用すると、タップルには、「趣味の部分を詳しく書くといいかな〜」などとアプリに合わせた工夫ができます。

自分にあった「自分ルール」を作る

メッセージのやりとりが多くなったり、デートの予定が増え出費がかさんだりなど、少しストレスを感じる部分もあったりします。

そのストレスは、『自分ルール』を作っておくと軽減できるかも!

例えば、私は『デートをする前に最低1回はやりとりしているお相手と通話をする』という『自分ルール』があります。

その理由としては、「メッセージだけではわからなかった相手の雰囲気を会う前に知れること」「雰囲気が合わなかった際にデートをしなくて済む」などのメリットがあると思っているからです。

このような自分ルールを設けておくと、ストレスがなくなったり、会うまでのコスパが良くなったりするのでおすすめです!

複数使いにおすすめのマッチングアプリ組み合わせ5選

マッチングアプリの複数利用でおすすめな組み合わせをご紹介します!

1.王道マッチングアプリ3つ

ペアーズ
blank
タップル
blank
with
blank
会員数NO.1
20~50代◎
20代に人気
趣味で出会う
イベント豊富
相性診断あり

マッチングアプリ初心者や迷った人は、この王道アプリ3つを利用しましょう!

この3つは会員数も多く、口コミ評判も良いのでおすすめです。

2.婚活向きマッチングアプリ3つ

ゼクシィ縁結び
ユーブライド
blank
マリッシュ
blank
ゼクシィ運営
2~30代婚活
婚活情報豊富
3~40代婚活
再婚向け
お手頃価格

婚活にピッタリのマッチングアプリはこちら!

男女ともに有料のアプリが多く真面目なユーザーばかりです。

3.恋活と婚活両立できるマッチングアプリ2つ

ペアーズ
blank
ゼクシィ縁結び
幅広い年齢層
会員数NO.1
2~30代メイン
ゼクシィ運営で安心

恋活も婚活もできるアプリはこちら!

ペアーズは幅広い年齢層だから、どちらも目的にしている人が多いです。
ゼクシィ縁結びは婚活寄りですが、20代後半から30代が多いので結婚を前提とした恋愛ができますよ。

4.デート相手が見つかるマッチングアプリ3つ

タップル
blank
Dine
blank
クロスミー
blank
デート相手を探す機能 行きたいお店でマッチング GPSでマッチング

デート相手探しならこのアプリがおすすめ!

デートプランでマッチングできたり、メッセージの手間が省けるアプリもありますよ!

5.年齢にあったマッチングアプリ

マッチングアプリには適正年齢があります。

例えば20代向けのアプリなのに、40代が使っていても出会えないでしょう。

それぞれの年齢にあったマッチングアプリをこちらの記事で解説しています!

アプリを併用して彼女を作れた筆者の体験談

22歳大学生の私は、タップルペアーズを併用して約2か月で彼女が出来ました。

使ったアプリ タップル
blank
ペアーズ
blank
ユーザー数 700万人以上 1500万人以上
ユーザーの多い年齢層 20~30代 20~30代
マッチの仕方 スワイプ型 希望条件で検索可能
特徴 趣味で繋がりやすい

即日デートできる「おでかけ機能」

ユーザー数が日本1!

趣味で繋がる「コミュニティ機能

この2つを選んだ理由は2つありました。

タップルとペアーズを選んだ理由

  • 1.どちらもユーザー数も多く、同世代のユーザーが多い

多くの同世代の女性と出会うことで、自分と相性が良いと感じる女性と出会う可能性を高めたいと思っていました。

  • 2.アプリの特徴が違う2つを使うことでコスパよく出会いたかったから

今回選んだアプリは、いいねしてマッチする方法が違いました。

タップルはスワイプ形式なので気軽に異性にいいねを送ることが出来ます。

一方、ペアーズは詳しく自分の出会いたい女性を条件絞って検索ができます。

自分自身どちらのアプリが自分にとって使いやすいかわからなかったのでどちらも使ってみました。

2つのアプリで合わせて10人くらいの女性とデートさせていただき、最終的にはタップルで出会った方とお付き合いすることになりました!

どちらも使ってみて、個人的にはペアーズの方が使いやすいかもと後半に思ったりもしたのですが、お付き合いしたのはタップルの女性でした。

アプリの相性はあれど、タップル使っていなかったら僕は今の彼女には出会えていなかったので、アプリを併用して良かったなと痛感しました。

マッチングアプリの併用はとてもおすすめなので、ぜひ併用してみてください!

今週のマッチングアプリニュース(詳細は引用元参照)

IBJグループの『ツヴァイ』、マッチングアプリ『with』と業務提携。withユーザーに、結婚相談所ツヴァイを紹介するサービス開始。

日本一*の成婚数を誇る株式会社IBJは、マッチングサービスを運営する株式会社withと業務提携契約を締結致しました。“結婚への真剣度が高い”アプリユーザーに、結婚相談所という選択肢を提供し、両社で連携して成婚創出を目指します。(引用元:PR TIMES

マッチングアプリで出会った「完璧な夫」が豹変…「バカ扱い」され続けた妻の決意

コロナ禍を機にマッチングアプリで出会い、結婚する人は増えた。国立社会保障・人口問題研究所の『第16回出生動向基本調査 結果の概要』(2022)を見ると、2018年後半から2021年前半に結婚した夫婦の13.6%が「SNSやマッチングアプリといったインターネットサービスを利用して知り合った」ことがわかる。

また、コロナ禍でもう一つ増えたことがある。DVの相談件数だ。内閣府男女共同参画局の「配偶者からの暴力被害者支援情報」によると、2019年から2020年にかけてのDVの相談件数は11万9276件から18万2188件と、およそ1.5倍に増加しているのだ。(引用元:Yahooニュース

結婚後にマッチングアプリを使うのはあり?なし? Tinderから大量の通知が届く既婚者女性のスマホ画面に「不適切」と物議

出会いのツールとして、いまや多くの人が利用しているマッチングアプリやデートアプリ。素敵なパートナーが見つかったり、カップルが成立したりしたら「アプリは削除したほうがいい」と思う人もいるはず。そんななか、Tinderから大量の通知が届くある既婚者女性のスマホ画面をめぐって、SNS上の意見が真っ二つに分かれている。(引用元:Yahooニュース

まとめ

今回は複数利用におすすめのマッチングアプリをご紹介しました。

無料なのでとりあえずダウンロードしてみて使い勝手を確かめてみましょう!

また、複数利用する場合は軸にするアプリを決めておくのもおすすめです。

王道マッチングアプリ3選
ペアーズ
blank
タップル
blank
with
blank
会員数NO.1
20~50代◎
20代に人気
趣味で出会う
イベント豊富
相性診断あり


今のアプリが合わない・どのマッチングアプリするか迷ったらは比較表とフローチャートで診断!おすすめのマッチングアプリ

免責事項

・本サイトはマッチングアプリの情報提供による課題解決を目的としており、マッチングアプリに関する斡旋を行うものではありません。
・本サイトで紹介するマッチングアプリの評価は、アプリを使用しての調査の結果や口コミ・評判、有識者からのコメントなど、主観的なデータと客観的データに基づいて作成していますが、その内容の正確性や信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者自身で各マッチングアプリの公式ページにてサービス内容をご確認ください。
・本サイトで掲載している情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。
・本サイトに掲載されている情報はマッチングアプリ各社の提供している情報に基づいていおり、可能な範囲で正確な情報となるよう更新しておりますが、最新情報はマッチングアプリの公式サイトにてご確認ください。
・マッチングアプリへ登録する際は、必ずご自身で各公式ホームページで内容や規約をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします
・本サイトへのご意見やご指摘に関しては、お問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。

広告主の開示

・本サイトでは、専門性の編集体制の構築と信頼性のある口コミデータの収集により、マッチングアプリの適切な比較を支援する記事等を配信しています。
・本サイトを通じてマッチングアプリの無料会員登録等の一定の成果地点までユーザーが到達した場合に広告主から支払われる報酬金額が主な収益です。
・広告主は、サイト全体の推奨事項や評価、その他のコンテンツの変更をするために、弊社に金額を支払うことはありません。
・記事広告等の成果報酬型以外の広告商品によって広告主が出稿している記事の場合は、「PR」等の明記によって広告出稿されていることを読者に認知させます。

この記事の監修者
  1. 経歴
    • 2013年名古屋市立大学卒業。リクルートコミュニケーションズ入社後に2017年から(株)Parasolに参画。2022年に代表取締役社長に就任。
    • マッチアップでマッチングアプリの記事を2,500本以上作成。TVやラジオに多数出演してマッチングアプリの認知を広げた後、知見を活かして紹介型マッチングサービス「ヒトオシ」をリリース。
  2. 書籍・TV出演など
  3. SNSはこちら

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
タグから探す