TOP > ペアーズ > 投稿一覧 > 記事
Pairs(ペアーズ)
マッチングアプリの王道!
登録者数も多く初心者におすすめ
記事ページ

ペ子のペアーズ危険男子大図鑑vol2【危険度30%】実は彼女持ちチャラ商社マン

プロフィール

ペアーズ
最終更新:5/7(月)18:00


こんにちは。ペアーズいいね数元世界1位の女子大生、ペ子です。

ペアーズを始めて早8ヶ月。経営者、商社、外銀など様々なハイスぺ男性とアポを重ねてきた経験から、プロフィールを見るだけでどんな男性かわかるようになりました。

しかし彼らはハイスぺの皮を被った危険男子であることもしばしば。

今回取り上げる危険男子はマッチングアプリで遊び相手を探す、実は彼女持ちチャラ商社マンです。

前回の記事はこちら
ペ子のペアーズ危険男子図鑑vol1【危険度60%】成金経営者おじさん

ペアーズ公式ホームページ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

彼女持ちチャラ商社マンの生態は・・・?



モテる職業と言えば商社マン。掘り出し物を見つけた気分になりますが、彼らは実は彼女持ちのことが多いです。
飲み会でペアーズを始め、あげくセフレや合コン要員を探しているのです。
彼らの特徴をチェックしておきましょう!

つぶやきは初期設定の「はじめまして」


危険ポイント解説


「はじめまして!(初期設定)」

ポイント
・余裕があるから適当
・使い方も良くわからず初期設定のまま

飲み会命の商社マン。
飲み会で酒を勧められたら断れないように、ペアーズを勧められたら彼女がいてもやるのが商社マンです。
その場では登録して有料課金するまでがネタとなるので、つぶやきや自己紹介文など細々した設定は行いません。
酩酊状態で帰宅し、二日酔いに頭を抱える翌日にスマホを開いて「俺ペアーズ始めたんだっけ…」と思い出すのです。

 

プロフィール文章で伝えたいのは「商社」だけ


危険ポイント解説


「商事です!気軽に飲み行きましょう!」

ポイント
・会社はアピールしたい
・とにかく短い

チャラ商社マンのアピールポイントは「商社マン」であること。
チャラ商社マンたちは社員証を首から下げてコリドーを歩けば女性たちから羨望のまなざしで見られ、合コンで「オレ商社」と言えば会話の中心となれることを熟知しています。
彼らにとって「商社マン」以上の自己紹介はないのです。

本能に訴えかけるサブ写真の筋肉アピール


危険ポイント解説

・ビールジョッキは手放せない
・サブ写真は上裸筋肉アピール

 

先ほど述べたようにチャラ商社マンは飲み会命であり、ビールジョッキは社員証・アメリカンエキスプレスのクレジットカードと並ぶ商社マン三種の神器です。
そのため、メイン写真はビールジョッキとともに、が基本です。
サブ写真は女性の本能に訴えかけた上裸写真。
チャラ商社マンは元ラグビー部やサッカー部などの体育会系であり、体育会系の男性は筋肉=モテだと信じて疑いません。

夜遅くのデートは連れ込み確実だから注意


危険ポイント解説

・急に「今夜暇?」と誘ってくる
・連れ込む場合、家ではなくホテル

チャラ商社マンはアポを取り付けると、「合コン要員」か「セフレ要員」かに振り分けます。
一番注意したいのはホテルに誘ってくるかどうか、ということ。
商社マンは日本橋や大手町などの都心に住んでいることが多いので、連れ込みたいならタクシーで家まで行った方が安く済みます。
あえてホテルを使うということは、家に本命の彼女がいるか、もしくは女の痕跡が残っているかのどちらかでしょう。

危険度は30% もてあそばれてはダメ


危険度:30%

チャラ商社マンを信じてホテルについて行ったら最後、飲み会のネタにされることは確実です。とはいっても彼らは女性に困っておらず、遊び相手を探しているため真剣感を匂わせることもありません。というわけで、危険かどうかはわかりやすいです。

商社マンのセフレになりたい女子以外はマッチングをしないように気を付けましょう♡

より詳しくペアーズについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

【2018年版】マッチングアプリ「ペアーズ」完全マニュアル!300人の評判から料金まで徹底解説!

危険男子を見極めて、素敵なパートナー探しはPairs(ペアーズ)で!

ペアーズ公式ホームページ

 

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる10個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

ペアーズに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
または
利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。