Omiai(オミアイ)
Omiai(オミアイ)
日本最大級のマッチングアプリ!
真面目に恋活する女性も多数

理想の相手は待っても来ない!!Omiai(オミアイ)に登録したら活動的になるべきタイミング3選

タグマッチング, 女性向け, 攻略

Omiai(オミアイ)


  • 登録してから3日以内。男性がもっとも見に来る。
  • 日曜夜19時や月曜夜の残業終わりなど、男性が仕事も飲み会もなくて暇そうな時
  • 「いいね!」がもらえなくなった時

こんにちは、マッチアップ編集部です。

今回は、Omiai(オミアイ)で女性会員が登録すべきタイミング3選についての記事です。

Omiai(オミアイ)のいいねについて詳しくはこちら↓↓


blank
Omiai公式ホームページ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

blank

 

女性も活動的になった方がいい!


「マッチングアプリでは女性が有利」という話を聞いたことはありますか?
全体的に考えてみれば、放っておいても勝手に男性が寄って来るので、女性の方が有利というのは当たり前の結論かもしれません。
しかし、受け身でいるばかりでは知らないうちに損をしてしまうかもしれません。

受け身でいても寄って来る、そんな積極的な男性に魅力を感じていませんか?
ただ、実はその積極性は単に大量の女性にアタックしてきた経験ゆえかもしれません。
本当に良い男性、自分にマッチする男性を見つけ損ねないためにも、たまには活動的に行動してみませんか?
今回は特に活動的に動くべきタイミングを3つ紹介します。

①登録してから3日以内

blank
まず間違いなく行動的になるべき瞬間。それが登録直後です。Omiaiでは登録して「24時間」「3日以内」「1週間以内」が検索軸やNEW会員表記に使われるため、男性がよくプロフィールを見に来ます。
※3日以内は検索のみです。

この1週間は放っておいても相当な数の「いいね!」が来ると思いますが、逆にこの後は急激に少なくなってしまいます。
この大切なチャンスを絶対に見逃さないようにしましょう。

②仕事が無くて暇な時

blank
日曜夜19時や月曜夜の残業終わりなど、男性が仕事も飲み会もなくて暇そうな時も活動的になるべきタイミングです。
男性に限った話ではないですが、やることがないと話し相手が欲しくなりますよね。
普段はマッチングアプリに出没する確率が低い人も、こういう時だけはついついアプリを開いてしまうかもしれません。

このタイミングで男性に足あとをつけたり、いいね!をしてみたりすると待つだけの時とはまた違ったお相手とマッチングするかもしれません。

③「いいね!」がもらえなくなった時

blank
「いいね!」がもらえなくなった時はピンチです。早急に動きましょう。
「放っておいてもどうせそのうち何とかなる」と思うかもしれませんが、何とかならない人も実はたくさんいます。
「いいね!」がもらえないとそもそも楽しくないので、足あとを付けまくるなど、こういう時こそ活動的に動いてみましょう。

とくにOmiaiは一定以上のいいね!数がたまってくると「1いいね!のポイント消費」が増えてきます。
最初は1ポイントで押せたいいね!も、3ポイント、5ポイントと上がってくるのでOmiaiでは女性もある程度活動的に動かないと理想の男性をGETできませんよ。

この独自の人気女性から「いいね数」を分散させる仕組みのおかげで、美人にばかりいいね!を押している男性は他アプリと比べて少ないので活動的な女性には戦いやすい場です。

自信満々な方以外は…


いかがだったでしょうか。「受け身でも私は『いいね!』が絶対に止まらない!」という自信がみなぎっている方はいいかもしれませんが、そうでなければ、たまには上記のように活動的に動いてみることをオススメします。

 

blankOmiai公式ホームページ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

blank

この記事の監修者
  1. 経歴
    • 2013年名古屋市立大学卒業。リクルートコミュニケーションズ入社後に2017年から(株)Parasolに参画
    • マッチアップでマッチングアプリの記事を2,500本以上作成。TVやラジオに多数出演してマッチングアプリの認知を広げた後、知見を活かして紹介型マッチングサービス「ヒトオシ」をリリース。
  2. 書籍・TV出演など
  3. SNSはこちら
Omiai(オミアイ)Omiai(オミアイ)に登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
タグから探す