TOP > Omiai(オミアイ) > 記事
Omiai(オミアイ)
Omiai(オミアイ)
日本初のマッチングアプリ!
真面目に恋活する女性も多数

Omiaiメッセージで出会うコツ!メッセージの続け方・返信率アップのテクニック

タグメッセージ, 女性向け, 男性向け, マッチング

Omiai(オミアイ)


  • 男性は有料会員にならないとメッセージは送れない。
  • 男性のメッセージのコツは、埋もれないメッセージと自然なお誘い。
  • 女性のメッセージのコツはネガティブ要素を入れず、危険な男性を見抜く。

マッチアップ編集長の伊藤です。
今回は、マッチングアプリOmiaiの返信が貰えるメッセージのコツについてまとめた記事です。

「初回メッセージをどう送ればいいのかわからない」
「気付いたら返信が来なくなってしまった・・・」

と、お悩みのOmiaiユーザーのみなさん。
今回は、そんなあなたのために、男女別メッセージのコツをまとめてみました。
この記事を読み終わる頃には、あなたはもうメッセージのプロとなっていることでしょう。


Omiai公式ホームページ

Omiaiダウンロード

Omiaiでのメッセージ

まずはメッセージの基本情報についてです。
女性は基本無料でOmiai を使用することができるのですが、メッセージ交換には年齢確認が必須です。年齢確認後に無料でメッセージを交換できます。

一方男性は、年齢確認後、有料会員にならないとお相手から届いたメッセージを、開封することも2通目以降を送信することもできません。これはどのマッチングアプリも同じなので、女性と出会いたい男性は有料会員になることが必須です。

メッセージは「スペシャルいいね!」を利用しない限り、既にマッチングしているお相手にしか送ることができないので、突然知らないユーザーから来る心配はありません。

また、メッセージやりとり画面からお相手を削除すると、その方からメッセージがきても通知されません。
万が一不快なメッセージを受信した場合は、そのユーザーのプロフィールにある「違反申告マーク」を押して運営に報告しましょう。

 

Omiaiメッセージのコツ〜男性編〜

それでは男性の皆さん!お待ちかねのメッセージマニュアルです!

初回メッセージ

マッチング後の初回メッセージは最も重要です。ここで女性の「メッセージやりとりしたい!」という気持ちを引き出せるか引き出せないかで、あなたの運命が決まります。
ポイントは、差別化と、特別感。
Omiaiの男性ユーザーは女性よりも圧倒的に多いです。自分の何倍ものメッセージをもらっているんだぐらいに思ってもらうのがいいかもしれません。

そのため、

「マッチングありがとうございます!〇〇です。よろしくお願いします!」といったTHE 定型文のようなメッセージを送ってしまったあかつきには、既読スルー確定です。

男性 47歳 コンサル

○○っていいます。プロフィールに××が好きと書いてあって気になりました。僕も××が好きなんです!

など、プロフィールの文章について触れると

(私のプロフィールちゃんと読んでくれていて、興味を持ってくれてるんだな)

と感じてもらいやすいですし、「髪型とってもおしゃれですね!」と、顔や雰囲気を褒められ慣れている女性に対して、普段とは違う箇所を褒めてあげることも差別化につながります。ただし胸や首筋などセクハラまがいな箇所を褒めるのはNGです。

 

メッセージを続ける

初回メッセージを送って女性から返信がきただけでは安心できません。
次に大切になってくるのは、いかにメッセージを続けることができるかです。

しかしこれに関しては「こうすべき!」という対策がありません。
なぜなら、相手によって異なる返信のペースや一回一回のメッセージの長さ、文章の書き方にこちらが合わせる必要があるからです。

相手が数時間空けて返信してきたメッセージに即レスしたり、短文でペースよく返信してくれているのに3倍以上の分量で返信したり、顔文字やスタンプを頻繁に使うお相手に対してあまりにも質素に返しすぎると、「なんか合わないなあ・・・」と思われて、メッセージが途切れてしまいます。

何度かやりとりしてお相手のメッセージのパターンがわかってきたら、それに合わせて返信するようにしましょう。

例えばこんなメッセージの流れだったら……

ヤスコ
7月1日(金)
マッチングありがとうございます、ヨシオといいます。
お茶コミュニティを見て興味が近いかなと思いました。
よろしくお願いします!
10:00
はじめまして、ヤスコといいます。
XXさんもお茶が好きなんですね◎
よろしくお願いします!(11:00)
11:00
ヤスコさん、ありがとうございます😀
そうですね!僕は日本茶が特に好きなんです〜◎ヤスコさんはどんなのを飲むんですか?
12:00

こんな調子で相手と同じ語尾を使ったり、返信のテンポと波長を合わせると、会話が長続きしやすいです。

NG例はこちら。

ヤスコ
7月1日(金)
はじめまして、ヤスコといいます。
XXさんもお茶が好きなんですね◎
よろしくお願いします!(11:00)
11:00
ありがとうございます😀はい!特に日本茶が好きです。<strong>
</strong>(11:15)
12:00

このように、波長が合わない、返信の速さが合わなない、文量も合わないこんな文章は、会話が続きにくいということなんですね。

メッセージを続かせるための方法をより詳しく知りたい方は下記の是非下記の記事を参考にしてみてください。↓

デートに誘う

初回メッセージに返信も来て、何往復もやりとりが続いたら、次はメッセージのやりとりにおける最大の目標、デートに誘いましょう。
お互い食べることが好きなら自然な流れで誘うもよし、潔く「ご飯行きませんか!」と誘うもよし。
アプリ上のメッセージで誘うのもよいですが、LINEを交換した方がスムーズに連絡を取れそうですよね。

ただここで気を付けてほしいのが、「下心丸出しだなあ」「え、もう誘ってくる!?」と思われないようにすることです。

お相手と自分の年齢差にもよるとは思いますが、慎重にお誘いしましょう。

いいねがほしい・もっとマッチングしたい男性に!
男性のプロフィール作成マニュアルはこちら↓

Omiaiメッセージのコツ~女性編~

続いては女性の皆さんに向けたマニュアルです。
「メッセージは男性が頑張るものだ」と思う方もいらっしゃるとは思いますが、もしも “ジャスト・マイ・タイプ”の男性を見つけて、晴れてマッチングに成功し、何としてでもデートにこぎつけたいのであれば、女性側の努力も必要です。

初回メッセージ

ほとんどの女性はマッチング後自分からメッセージを送らずに、男性から来るのを待つと思います。
しかし、女性から初回メッセージを送ることで、そのお相手に対する本気度が伝わり、丁寧な人だという印象を与えることができます。

しかし、「女性のペースでやりとりが始まると、男性としてはやりづらい」という意見もあるので、マッチングしてしばらくメッセージが来なかったときは、自分から送るのがよいでしょう。

・初回メッセージの例

ヨシオ
7月1日(金)
はじめまして、ヤスコといいます。</p><p class="kaiwa-text">○○さんもランニングが好きなんですね、ホノルルマラソン完走ってすごいです!
気になったのでいいねしちゃいました。</p><p>マッチングありがとうございます&よろしくお願いします😊
21:04

とはいえなかなか自分から送ることに慣れていないと思うので、下記の記事を読んでみてください!

気を付けたいこと

メッセージの仕方を気を付けなければいけないのは、男性だけではありません。
恋活ではなく、婚活を意識しすぎたメッセージを送ってしまうと、「重い」と思われてしまいます
ひとまず結婚のことは置いておき、最初のうちは仲良くなることを意識しましょう。

実際に婚活オーラを出しすぎて、返信が来なくなってしまった例がコチラです↓

注意したいこと

こちらから頑張って初回メッセージを送って会話が盛り上がったり、楽しくやりとりできたら最高ですよね。
しかしここで注意していただきたいのは、真剣にお相手を探している方ばかりではないということです。
Omiaiには危険なユーザーに付与されるイエローカードなるものが存在しますが、目に見えてわかるような文章を使わないでメッセージを送ることは可能です。

遊びや体目的の相手を見抜くためには、女性側が気を付けないといけないですね。

ご参考までに。↓

まとめ

いかがでしょうか?メッセージのプロになれましたか?
男性と女性、それぞれ以下の3つのポイントを意識してみましょう!

男性のコツ3つ
①初回メッセージでお相手の心を鷲掴む
②やりとりを続けるよう心掛ける
③自然な流れでLINE交換やデートに持ち込む
女性のコツ3つ
①マッチングしてしばらくメッセージが来なければ自分から送ってみる
②「重い女」認定されないよう気を付ける
③遊び人の男性を見抜く

日々技術を磨き、「メッセージに関して怖いものはない」状態になりましょう!

 

より詳しくOmiaiについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

Omiai(オミアイ)完全解説ガイド

素敵なパートナー探しは「Omiai」で!

Omiaiダウンロード

Omiai公式ホームページ

いいねがほしい・もっとマッチングしたい男性に!
男性のプロフィール作成マニュアルはこちら↓

Omiai(オミアイ)Omiai(オミアイ)に登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です