ペアーズ (Pairs)
Pairs(ペアーズ)
マッチングアプリの王道!
登録者数も多く初心者におすすめ

デート率80%越え!マッチングアプリの初回メッセージからデートに誘うまでのトークスクリプト



  • まずは挨拶と自己紹介して趣味を聞こう
  • 電話や会う約束をしてからLINE交換しよう
  • 奇をてらうより、無難なメッセージで誠実さをアピール

こんにちは、マッチアップ編集部ランマ、理系男子です。

大学は理系だったこともあり女性が少なかったので、出会いが欲しくて様々なマッチングアプリをやっていた僕。

理系であることを活かして、どういうプロフィールやメッセージがモテるのかを日々分析してきました。

素敵な女性と出会えていますか?
メッセージはテンポよく盛り上がりますか?

なかなか出会えない人、またはお相手との会話が続きにくい人へ。

デート当日もメッセージも男性主導がほとんどで、大変ですよね。

でも安心してください。

今回はそんな方々のお悩みを解決していこうと思います。

理系の大学で学んだことを活かし、理系ならではのやり方でトークをスプリクト化してみました。

これでいちいち悩む必要ありません!

僕が今まで試してきて成功率が80%を超える、スムーズに流れるように女性をデートへ誘えるメッセージ例をご紹介いたします!

今回は1000万人が利用する国内最大級の恋愛・婚活マッチングサービス「ペアーズ(Pairs)」でのメッセージを例に紹介します。
blank
ペアーズ公式ホームページ

ペアーズ(Pairs)ダウンロード

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

blank

成功率80%!マッチングアプリのマッチングからデートまでのメッセージスクリプト

blank

こちらのトークスクリプトに沿って解説していきます。

まずは挨拶と自己紹介!

blank
ランマ

はじめまして。
マッチングありがとうございます!
よかったら仲良くしてください^ ^

 

blank
美女

はじめまして。こちらこそよろしくです!

 

blank
ランマ

ご返信ありがとうございます!
こちらこそ、よろしくお願いします^ ^
なんてお呼びすればいいですか??

 

blank
美女

〇〇って言います!

 

blank
ランマ

〇〇さんとお呼びしますね^ ^
こちらは□□というので、お好きに呼んでください!

 

上記の流れでテンポよく挨拶と自己紹介をすましちゃいましょう!

趣味を聞いてみよう

 

blank
ランマ

お休みの日はいつも何されていますか?

趣味など普段何しているかを聞くときは、メッセージをしている日が「休日」か「平日」かで変わります。

また、仕事の話は相手から言われた時以外は避けるべきです。

これは、よく知らない異性と仕事の話をしても込み入った話はできませんし、何より盛り上がらないことが多いからです。

デートへのお誘い!

 

blank
ランマ

もしよかったら今度ご一緒しませんか?

相手の趣味を引き出せたら、次はその系統のお店を探して女性をお誘いしてみましょう。

お相手が少しでも迷っているようであれば、
「直接お会いした方が雰囲気が分かりやすいから。」
「〇〇さんに会ってみたいです!」
等の理由をつけて本当にお会いしたいという気持ちを伝えてみましょう!

日時を決めよう!

 

blank
ランマ

○日()や○日()の夜はご都合いかがですか?

提示するのは一度に2~3個が妥当です。

少ないとダメな時やりとりが余計に増えてしまい、お互いメッセージが面倒になります。

反対に提示する日にちが多すぎるとがっつき感が出て残念感が出てしまいますので気をつけましょう。

予定がなかなか合わなくても、3回くらいまで聞いて頑張ることが大切です!

それでも合わなかったら残念ですが他の人へチャレンジしてみましょう。

LINE交換!

 

blank
ランマ

よかったらLINEでお話ししませんか^ ^

会う約束、または電話をしてみたいということになりましたら、LINEの交換のタイミングです!

いきなりではなく、何か理由付けをしてからLINEなどの連絡先を交換できると良いですね。

ペアーズ(Pairs)ダウンロード

いざデートへ!

 

blank
ランマ

明日は楽しみにしていますね!

LINEまで交換したら、あとはデートへ行くだけです!

ここまで頑張ったあなたなら、きっとデート当日も上手く行くはず。

デートコースはあらかじめプランを練っておきましょうね。

デートコースを決めるには、こちらの記事がぴったりです!
オススメのデートコースばかりなので、ぜひ参考にしてみてください!
↓↓↓

マッチアップデート

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一見無難に見えるかもしれませんが、奇をてらって特殊なメッセージを送るよりもこのようにした方が真面目で誠実な人間であることをアピールでき、お相手にも安心してもらえます。

お相手が自分と会いたいと思わせるために、まずは内面の印象を良くすることがとても大切です。

マッチングアプリ上でのお相手との接点はメッセージしかないので、会話をしていく中でどれだけ誠実であるか、魅力があるかをアピールするしかないですよね。

真剣に恋活・婚活をしている方々はぜひ今回のメッセージフォーマットを使ってみてください!

きっと良い出会いが見つかり、素敵なお相手とデートすることができますよ!

 

今回のメッセージを一つ一つ丁寧に見たい方はこちらの記事もどうぞ!
↓↓↓
【マッチングアプリ初心者必見!】女性をデートに誘うメッセージ全10通を公開!

 

他の【メッセージ辞典】はこちら! ↓ ↓

【メッセージ辞典】バリキャリ女子とマッチング!知っておくべき3つの話題

【メッセージ辞典】CAとマッチング!知っておくべき3つの話題

【メッセージ辞典】美容系女子とマッチング!知っておくべき5つの話題

【メッセージ辞典】「趣味」について聞くときは?マッチングアプリの最強フレーズ

【メッセージ辞典】「予定キャンセルされたら?」マッチングアプリの最強モテフレーズ

【メッセージ辞典】仕事についてきくときは?マッチングアプリの最強モテフレーズ

【メッセージ辞典】キュンとさせる褒め方は?マッチングアプリ最強フレーズ

より詳しくペアーズについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

ペアーズ(Pairs)完全解説ガイド

素敵なパートナー探しはPairs(ペアーズ)で!
ペアーズ(Pairs)バナー
ペアーズ公式ホームページ

 

もしかしたら他のアプリのほうが合っているかも・・・?自分に合ったマッチングアプリ を探したい人はこちらの記事へ!
↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

blank

免責事項

・本サイトはマッチングアプリの情報提供による課題解決を目的としており、マッチングアプリに関する斡旋を行うものではありません。
・本サイトで紹介するマッチングアプリの評価は、アプリを使用しての調査の結果や口コミ・評判、有識者からのコメントなど、主観的なデータと客観的データに基づいて作成していますが、その内容の正確性や信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者自身で各マッチングアプリの公式ページにてサービス内容をご確認ください。
・本サイトで掲載している情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。
・本サイトに掲載されている情報はマッチングアプリ各社の提供している情報に基づいていおり、可能な範囲で正確な情報となるよう更新しておりますが、最新情報はマッチングアプリの公式サイトにてご確認ください。
・マッチングアプリへ登録する際は、必ずご自身で各公式ホームページで内容や規約をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします
・本サイトへのご意見やご指摘に関しては、お問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。

広告主の開示

・本サイトでは、専門性の編集体制の構築と信頼性のある口コミデータの収集により、マッチングアプリの適切な比較を支援する記事等を配信しています。
・本サイトを通じてマッチングアプリの無料会員登録等の一定の成果地点までユーザーが到達した場合に広告主から支払われる報酬金額が主な収益です。
・広告主は、サイト全体の推奨事項や評価、その他のコンテンツの変更をするために、弊社に金額を支払うことはありません。
・記事広告等の成果報酬型以外の広告商品によって広告主が出稿している記事の場合は、「PR」等の明記によって広告出稿されていることを読者に認知させます。

この記事の監修者
  1. 経歴
    • 2013年名古屋市立大学卒業。リクルートコミュニケーションズ入社後に2017年から(株)Parasolに参画。2022年に代表取締役社長に就任。
    • マッチアップでマッチングアプリの記事を2,500本以上作成。TVやラジオに多数出演してマッチングアプリの認知を広げた後、知見を活かして紹介型マッチングサービス「ヒトオシ」をリリース。
  2. 書籍・TV出演など
  3. SNSはこちら
ペアーズ (Pairs)ペアーズ (Pairs)に登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
タグから探す